お知らせ

12/15(水)旧木下家住宅「折形教室」

12/15(水)旧木下家住宅「折形教室」のアイキャッチ

折形は日本人の礼のこころと美意識、感性により六百年以上の

伝統をもって生まれ育まれてきた世界に誇る文化です。

折形とは和紙を用いて贈進用の金品を折り包む、日本古来の礼法のひとつです。

相手を敬い自らをへりくだる、人間関係を円滑に保つ礼のこころが流れています。

清浄な和紙に思いを込めて折り包む時、形は形を超えて受け取る人のこころに清らかに

響くことでしょう。普遍的な美と原則に支えられ、古の人々が育んできた融和の精神が

宿ります。

 

一年を締めくくり新しい年をお迎えする季節。

十二月十三日は『事始め』に入り、お正月をお迎えする準備をいたしましょう。

今回の折は、門松代わりのお飾りにぴったりな【木の花包み】

お正月にはかかせない【お祝い箸包み】こころづけの【ポチ袋】などを学びます。

日 時:12月15日(水)

①10:30―12:30  ②13:30―15:30

定 員:各回6名(事前予約制)

持ち物:物差し・はさみ

参加費:3,300円(材料費・入館料込)

※感染症対策のため マスク着用のうえご参加ください

予約・問合せ受付時間:10:00~16:30(休館日を除く)

旧木下家住宅 TEL 078-787―2050